2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.28 (Tue)

『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』DVD完全制覇の旅


『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』って知ってますか?


私は知りませんでした…。


先日アマゾンから広告メールが来まして、そのおすすめ商品にこちらの『ザ・ソプラノズ』が記載されていたのですが、

「マフィアの物語」「2つのファミリーを持つ男」ドラマ界のアカデミー賞に値するエミー賞通算111ノミネート、ケーブルドラマ史上初の作品賞を含む21冠を達成!

という見出しに煽られまして、ゴッドファーザー好きとしては見逃してなるものかと、この海外ドラマに食いついてみることにしました。


海外ドラマブームの激しい昨今、多くの人が食いつくメジャー作品になるとAB型の気質が顔を出して見る意欲をなくしてしまう私としては、これこそ自己発信のおすすめ海外ドラマとして皆様におすすめ出来るのではという思いで見てみることにします。


しかし、これを書いている時点でまだファーストシーズンの2話までしか見てないので、本当におすすめ出来る作品かどうか分かりませんが、7月に発売される最終シーズンのシックスシーズンに向けて、エミー賞に何度も認められたということを頼りに一緒に楽しんでいって貰えたらと思っています。


旅ってなんだよって突っ込みは敢えて無視していきますので、一緒に完全制覇の旅を歩みましょう!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村




■↓ザ・ソプラノズの目次はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

blogram投票ボタン
23:55  |  ザ・ソプラノズ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.05.02 (Sat)

プロローグ:家族 Pilot 【ザ・ソプラノズ】


私かなりマニアックな作品に手を出してしまったみたいです。


『ザ・ソプラノズ』を借りるためにTUTAYAに行ったところ、今や海外ドラマはほとんどのタイトルが花形商品で借りるのもままならない状況なのに、『ザ・ソプラノズ』は隅っこの方で「回転率悪くてすみません」って感じに全タイトルばっちり貸出されずに残っていました…。


簡単に借りれて良いんだか悪いんだか複雑な心境になりつつも、早速家に帰って見てみると、DVDのチャプターに「プロローグ:家族 Pilot」となっていて、「おぉ、Pilot版作って、きっちり前段階踏んで制作してるんだな。」と上から目線で感心しつつ、再生を押しました。すると、


「おぅ!レトロっ!!」


ファーストシーズンは1999年の作品だけあって、映像が昔感満載でした。


思わぬ落とし穴に結構ダメージを受けるものの、気分を立て直して物語に注目していくことにしました。


どんな渋い男の物語が始まるのかと期待して見続けていくと…「コメディ!?」


まさかの展開です。主人公のトニーは地方マフィアのボスなんですけど、ストレスにより精神科医に通ってて、母親の老人ホーム入り問題で頭を悩ませたり、妻と娘の仲が悪くて気をもんだり、使えない子分のご機嫌をとったりと、中間管理職的な悩みを持つおっさん像を描き出していました。


こんなマフィア像を描き出すなんて良い意味で裏切られました。
一体この先どうなるのか、気になります。さぁ、次を見よっと♪



■関連記事はこちら。
『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』DVD完全制覇の旅
第1話:受難 46 Long 【ザ・ソプラノズ】

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

blogram投票ボタン
23:54  |  ザ・ソプラノズ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.04 (Mon)

第1話:受難 46 Long 【ザ・ソプラノズ】


今回はいいですよ。


金髪お姉ちゃんの極小ビキニ姿が見れたり、ヌードが見れたりしちゃいます。


さすがアメリカでは成人指定で放送されていただけあって、殺しもやっちゃうけど、「ふぁ~ん♪」なこともやっちゃってます。


そんな甘美な部分がありつつも、主人公トニー・ソプラノは今回もたくさん悩まされてます。


ボケの始まってきた母親の火事騒動や子分の暴走によるおじきとのトラブルなど、どっちのファミリーでもなかなか思うように事が運びません。


そんな状況だから精神科医に勧められたプロザック(抗鬱剤)も最初は拒んでいたものの、つい服用してみることになります。


今回のエピソードは状況設定の持って行き方が上手くて、笑いの要素を膨らませたり、悩みの要素を深刻化させたりと、ヒューマンコメディの色を強く出していました。


アメリカならではのブラックユーモアが秀逸で、ババァがババァをはねる辺りは、笑いごとではないはずなのに笑えちゃいます。


登場人物も個性が段々と分かり始めて、魅力を発揮し始めています。


母親を退職者コミュニティ(老人ホーム)に入れることが出来たけど、老人ホームに入れてしまったトニーの罪悪感のその後が気になって、またもう一話見てしまおうか現在深夜に悩み中です…。



■関連記事はこちら。
第2話:報復 Denial,Anger, And Acceptance 【ザ・ソプラノズ】
プロローグ:家族 Pilot 【ザ・ソプラノズ】
『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』DVD完全制覇の旅

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

blogram投票ボタン
23:50  |  ザ・ソプラノズ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.06 (Wed)

第2話:報復 Denial,Anger, And Acceptance 【ザ・ソプラノズ】


今回のエピソードは報復のタイトル通り、前回やらかしちゃった子分たちが窮地に追い込まれます。


こういった部分を見ると、やっぱりマフィア作品だなってゾクゾクしちゃうのですが、一方では、親友(まぁマフィアのボスなんだけど…)の癌にやり場のない憤りを覚えるシーンなどもあったりして、今回は渋み重視の作品になってました。


風呂場での射殺シーンなんかは、構図がカッコよくって、タバコが浴槽に落ちて、そこに赤い血が滲んでくるっていうカットになってたんですけど、いかにもギャング映画っぽくって「おぉ~!」と感嘆の声を漏らしてしまいました。


それにしても『ザ・ソプラノズ』の終わり方は毎回シュールです。


普通の連続ドラマだと、次週に引っ張るために、新たな物語の展開が巻き起こって続くっていう終わり方をすると思うんですけど、『ザ・ソプラノズ』は、なんだか微妙な空気感を残して終わっていきます。


今回の終わりですと、トニーが娘のコーラスの発表会を涙しそうになりながら見ているという終わり方です。


前回は確か、電話が使えない従業員をぶん殴ってトニーは去ってしまい、その場に残されたストリッパーのお姉ちゃん達が、殴られた従業員を少し心配するが、割り切って踊り始めるというところで終わってます。


この終わり方が毎回展開されるので、「終わりかい!」っていつも突っ込む始末です。


さて、次はどんなシュールな終わり方をするのか期待しつつ、また見てみることにします。



■関連記事はこちら。
第3話:秘密 Meadowlands 【ザ・ソプラノズ】
第1話:受難 46 Long 【ザ・ソプラノズ】
『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』DVD完全制覇の旅

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

blogram投票ボタン
23:51  |  ザ・ソプラノズ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.08 (Fri)

第3話:秘密 Meadowlands 【ザ・ソプラノズ】


前回の報復により伯父のジュニアと抗争になりそうな展開が巻き起こるのが今回のエピソードです。


大ボスであるジャッキーは癌で頼ることもできず、伯父との仲裁役がいなくなってしまったことで、事態はどんどんと悪い方向に進みます。


これぞマフィア作品って感じの流れが出てきて、トニーのストレスは日に日に酷くなるばかりで、精神科医に通いつめても心身の疲労は癒されることはありません。


そんな最中、息子のアンソニーが学校で揉め事を起こし、ある事態をきっかけに自分の父親がマフィアであることを知ってしまいます。


複雑な心境ですよね。


自分の親がマフィアだったら一体どんな気持ちになるのか…想像してみると結構ダークな気持ちになります。


そして遂に大ボスであり親友のジャッキーが死んじゃいました。


分散しているボスを取りまとめていた大ボスがいなくなったことで、次の大ボスの座の問題が起こるのですが、普通のヤクザものやマフィアものなら誰もがトップの座を求めるものですが、時世的に大ボスになったところで法律や警察の取り締まりが厳しくなるだけで、うまみのない役柄はみんな引き受けたがらないという設定になっていました。


こういうところが単なるギャング映画ではなく、時代に則していてリアルにマフィアの生活を営む情景を描いている感じが面白いです。


次は一体どんな展開が巻き起こるのか、気になってまたもう一話みてしまいそうです。



■関連記事はこちら。
第4話:真相 College 【ザ・ソプラノズ】
第2話:報復 Denial,Anger, And Acceptance 【ザ・ソプラノズ】
『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』DVD完全制覇の旅

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

blogram投票ボタン
23:40  |  ザ・ソプラノズ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。