2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.03 (Tue)

原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。



「今日私はある一つの旅を終えてきました。」


あたかも北海道の化け物ローカル番組「水曜どうでしょう」的なはじまり方をしたくなってしまうほど充実の旅を私はしてきました。


原付スーパーカブに乗り、東京の梅見(梅まつり)スポット完全制覇を目指す旅に出ていたのです。


何故このような過酷で愚かな旅に出たのかと問われれば、私の愛車がカブだったことと、私の名前に梅が冠として掲げられていたからという他、説明のしようがない。


だが敢えてグダグダといちいち細かく説明させて貰えるのならば、長年に渡り東京での私の活動の足となってくれているカブは、購入当初東京堂やマイウェイ、モトメビウスといったカブレストア専門店でおしゃれなカブに改造して自由が丘辺りを流しつつ、カフェでお茶なんかをさらっときめてしまうハイセンスな乗り物になるはずだったのである。


しかし、一度たりともそのような店に足を踏み入れることなく、ただひたすらノーマルのカブのままで居たため、子供に新聞配達員と間違えられ続けていたのだった。


このままでは私の哀愁は増すばかりになってしまうと思い立ち、手軽な改造とも言うべきステッカーペタペタ作戦を決行してみたのである。
すると思いのほか子供たちの視線が格好良いというような羨望の眼差しに変わったように感じられたのだ。


ここで調子に乗らない私ではない。


早速このなんとなく格好良いんじゃないカブに乗ってブイブイと自由が丘を席巻してやろうと思ったのだが、さすがにそこまでの愚行を行うには、少々の不安を覚えた。


そこでまずは東京でもおしゃれすぎないスポットに行こうと思い立ったのである。
それが二月のとある日だった。


そこでどこにいこうかと思案する日々を過ごしていたのだが、某映画撮影のため撮影場所へ向かう電車に乗っていたところ、車窓の景色にほんのりと色づいた大量の梅の木が目に飛び込んできたのである。


これだっ!と私は確信した。


この場所は東京から遠く離れた田んぼ地帯だが、都内でも要所要所には梅の花を見物できるような、梅見スポットがあるのではないかと思ったのだ。


撮影期間が終わるや否や、早速私は調べまくった。「東京 梅見」「都内 梅見」「東京 梅まつり」等々、暇さえあれば梅の花見スポットを探しまくっていたのである。


そして出た結論は、東京梅見全制覇!しかし、無料のところで…という企画であった。


色々と調べてみたのだが、梅まつりを開催している場所では入場料を取るところが結構あったのだ。
その入場料を払って全部見ていくととんでもない金額になり、私の懐事情は梅見のために明日の飯をも食えぬ生活へと成り下がってしまうという危惧が感じられたため、無料のところに絞って見に行くことに決めたのだ。


しかし、これでも多い。


梅の木の生えている場所であれば梅見スポットとしてかなりの数が名を連ねているわけで、それが10本程度のしょぼい場所だろうと、100本以上の素晴らしいところだろうと1つとカウントされてしまう。
そんな10本のところにまでいちいち格好良くなったんじゃないカブでブイブイ言わせに行くのは面倒だと思い、そこで私が考え出した完璧なる梅見企画の全容はこうである。

つづく。
次号⇒企画発表。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。
 
以下目次。
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
09:47  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。