2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.24 (Tue)

亀戸天神社の梅まつり。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ7ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


亀戸天神社とカブ。
企画開始から前回の記事に至るまで、ずっと亀戸天神、亀戸天神と書き続けてきましたが、実は「亀戸天神社」が正式名称だったことが、現時点で判明しました。



亀戸天神社の関係者及び亀戸天神社周辺住民の方々等、悶々とさせてしまいすみませんでした。


間違えているにも関わらず、平気でそのことについて話しているのを電車などで漏れ聞くと、勇気を振り絞って訂正してあげたいという気持ちと、「ふん、馬鹿だな。それは実は××って言うんだよ。」という勝手な優越感に浸りたい気分との狭間で常にもがき苦しむ私にとって、この亀戸天神事件は誠に申し訳なく思う次第であります。


さて、この亀戸天神社。


亀戸天神社の梅。菅原道真公を祀っているところらしいのですが、この菅原道真について私の脳みそはなにもインプットされておらず、現在執筆のために色々と調べてみましたが、どうにもこうにも頭の中に入ってこない状況でありまして、ごくごく簡単に説明させて頂きますと「なんか頭がよくって、和歌とかの天才で、天皇に気に入られていた。」という位の情報しか脳みそで整理出来ませんでした。



脳みそで整理出来ないことを何故わざわざ書くのだと言われれば、「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘れそ」という和歌が有名で、梅の花を好んでいた人なので、亀戸天神社には多くの梅があるということを伝えてみたかったのである。


このようなうんちくを知っていたとしても、朝の8時にそれを披露したいギャル等は一人も居らず、一眼レフを構えたおっさんたちが我こそは亀戸天神社の梅を一番綺麗に納めてやろうと意気込んでいる境内では、ケータイの写メで写真を収めようとする私なんて、無駄にコワモテのため亀戸天神社の梅見を汚すだけの存在でしかないのであった。


亀戸天神社の梅2。しかし、約200本はあるという梅と境内の中心部に掛る橋、そして豪奢な寺院は、梅見を存分に堪能させてくれる素晴らしい居住まいを見せてくれていて、まだ出店の屋台も開店してない静かな境内では、朝の柔らかな日差しとともに私を優しく包み込んでくれるのであった。



亀戸天神社に着いた記念のカブ写真を撮って、十二分に梅を堪能したところで、第三梅見ポイント文京区「湯島天満宮(湯島天神)」に向けて、8時50分に亀戸天神社をカブに乗って出発したのである。


第一、第二梅見ポイントを制覇し、テンションもグングンと上がってきたのだが、カブに乗り走り出すと、忘れていた走行時の寒さが襲いかかってきた。


これまでも寒いなとは思っていたのだが、初めての原付スーパーカブでの旅で、行ったことのない場所を巡るという部分に、大きな希望を抱いて走っていたため、少々の寒さも武者震いだと言い聞かせてここまで走ってきたのだが、2つ梅見を終えたところで体が少し旅慣れてきたのか、寒さに対して免疫力が低下し始めていたのである。


これから向かう先はグーマップのルートガイドによると、5.8キロ・所要時間12分の距離ということであったのだが、私はこの旅で守らなければいけない自らに課した標語を破ってしまうのであった。

つづく。
次号⇒迷える子羊。

■まさかの事態!Top3入り!嬉しすぎて泣きました。
   ↓ ↓
にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。
 

スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
14:50  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。