2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.31 (Tue)

湯島天満宮(湯島天神)の梅まつり。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ9ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


ピンクに黄色に赤の暖簾。やきそば・たこ焼き・お好み焼き。出店の屋台が活気を見せ、湯島天満宮の境内では、多くの梅見客が梅まつりの賑わいを楽しんでいた。


湯島天神とカブ。
迷いに迷って着いた時刻は9:30を刻んでおり、これまで訪れた梅見ポイントとは一線を画す盛り上がりを見せていたのだ。



今までは時刻が早すぎた為、一眼レフを構えたおっさんとハッピを着込んだおっさんしか見られなかったのだが、湯島天神は学問の神様だけあって、若いギャルもチラホラ見受けられる。


こうなると迷い疲れている場合ではない。
俄然やる気を見せて400本ある梅見を開始し始めたのだが、なんだか違和感を覚え始めた。


ヤマトの配達員が何十個ものおみやげを台車に載せて納入している風景は、湯島天神の商売上手を物語っているだけで、違和感を覚えるほどではない。


湯島天神の梅と合格祈願。おみくじやお札を売っている巫女さんが、日蔭の寒い所でブルブル震えながらも、上着を着ないで白のあの衣装で頑張っている姿も、バイト代きっちり稼げよという思いしか湧かないので、これも違和感というほどではない。



ならばなんだ、この違和感は。


なんだかモヤモヤする気持ちを抱えつつ、ぐるりと一周終えたところで写真撮影を開始したのだが、ここでわかった。


マンションとビルである。


湯島天神の池と映り梅。これまでは下町と言われる場所に位置する境内の梅見だったので、都内と言えども周りに高い建物はほとんどなかったのだが、この文京区の湯島天満宮は、本殿の後ろ側にデーンとデカイマンションが建っていて、風情を台無しにしているのであった。



梅の写真を本殿が背景になるよう撮ろうとすると、空の青い背景色になるのではなく、梅→本殿→マンション→端に空の青色。というような状況にどんな構図から撮ろうとしてもなってしまい、全然様にならないのである。


これが違和感の原因だった。


神社というものは、そもそも神を祀っている場所なのだから、一般民家よりも高くデーンとデカイ建物だったはずなのだ。
しかし都心などはどんどん高層化の一途を辿っているので、こういった違和感のある風景を作り出しているのであろう。


湯島天神の梅。
原因がわかってこれでスッキリするかと思いきや、まだ少しモヤモヤ感があるなと思いつつ一服してから旅立とうとしていたところ、タバコに火をつけた途端に気づいてしまった。



すっごくオシッコしたい。


ビルの谷間を彷徨い続けて冷やされた体が、祭りの宴を見てテンション高くなり尿意を忘れさせていたが、一通り見終わってみたら、すっごくオシッコしたかったモヤモヤ感があったのだと体が察知した。


しかし、タバコに火をつけたばかりだし、ちょうど喫煙所ではギャルが一服しにやってきたので、今ここを動き出すのは得策ではない。


オシッコしたい気持ちを抑えつつ、ニヒルにタバコをふかしてアイコンタクトを送ってみたものの、ギャルの後から彼氏が現れそそくさと退散するのであった。

つづく。
次号⇒最弱乗り物原付。

■ランキング入りさせて頂きありがとうございます。 学校の成績でこれほどいい結果を出したことはありません。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
  にほんブログ村。

   
   FC2 Blog Ranking。
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
00:14  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。