2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.09 (Thu)

スーパーカブ迷宮入り。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ12ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


小腹を満たし次の世田谷区・羽根木公園では美味しいお蕎麦でも食べたいなというささやかな願望と、これからまた17号線の新大宮バイパスを通らねばならないというプレッシャーの間で走り出した私のカブはいきなり迷宮へと誘われた。


来た道を戻るのは新大宮バイパス通過を意味するので避けたいという願いから、違う道から254号線の春日通りに合流できる道を模索し感覚で走り始め大きな通りに出たのだが、前方・左右共に17号線という道路表示が現れたのである。


意味不明…。


この道を突き進んでも17号線であるし、右に曲がろうと左に曲がろうと17号線とはどういうことなのか…。


私の脳みそは、いとも簡単にショートした。


すぐさまカブを道路左端に寄せ地図をめくるものの、道路表示が指示している情報がどっちにいっても17号線だよという馬鹿には難問の掲示しかなく、ここがどこなのか理解出来ないのである。


ショートした私の脳みそは復旧の兆しを見せず、しばらくその場所で地図を眺めながら世界の中心で愛を叫べずに道路の端っこで愚痴をこぼすのであった。


いくら考えようとどっちにいっても17号線の理解が出来ないので、感覚で進んでしまった分を感覚で戻れそうな方向へとカブを走らせていくと、なんと行きに怖がって逃れたバイパスの脇道の反対側に到達したのである。


良かった!と思うこともなく、こんなことなら来た道を素直に戻ってくれば道路の隅っこで愚痴をこぼさずに済んだと後悔したのは言うまでもないが、またこの新大宮バイパスを通過しなくてはいけないというプレッシャーが後悔よりも悲哀の色を強くさせるのであった。


怖がってグズグズしていては16時までにあと6個の梅見を終えることは出来ないと、自分に発破を掛けて走り始めると、やはり少女マンガのヒロインの心境が襲いかかってくるのであった。
「もうここには居たくない!」


17号線の新大宮バイパスから254号線の春日通りへといきに通った道を戻り、少し行くと318号線の環七が現れるので右折し、この環七通りをこんなに走り続けて大丈夫だろうかと思った時には少し行き過ぎて羽根木公園があるのである。


少し行き過ぎてしまった道から右折もUターンも出来なさそうだったので、横断歩道をカブを押して渡り、住宅地の中を少し彷徨うと羽根木公園へ到着したのであった。


今回の移動は13877キロから13897キロと初の20キロオーバーの走行距離を示し、時間は11:45から12:35を刻み、グーマップのルートガイド時間より10分遅れ程の予定で到着したのであった。

■今日のおさらい。(走行ルートが見れます。)


つづく。
次号⇒羽根木公園の梅まつり。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
  にほんブログ村。

   
   FC2 Blog Ranking。
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
17:28  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。