2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.21 (Thu)

第9話:標的 A Hit Is A Hit 【ザ・ソプラノズ】


今回のタイトルが標的になってたので、ついにトニーが狙われてしまうのではって思いながらハラハラして見ていたのですが、そんなことはありませんでした。


ホッと一息つきつつも、内容の充実は損なわれることはなくて、音楽業界のダークな部分にスポットを当てつつ、さらにマフィアが一般人からどういったスタンスで受け入れられているのかが描かれていました。


どっちのエピソードもアイデンティティの問題にスポットが当たっていて、アメリカの地でイタリアの血をひく者の立場がどういったものであるかを切に語っていました。


偏見や差別に近い問題点を描いているので、同じ境遇でないとなかなか理解するのが難しい部分ではありますが、個人個人が持っているアイデンティティの強さみたいなものを突き付けられた気がします。


日本はアメリカほど多民族国家ではないので、ここまで強い差別意識は薄いとは思いますが、やっぱりおのおのどこかで蔑んだり、蔑まれたりしているのを感じて生活しているわけで、それがマフィアでありイタリア系だとかなり強くその部分で葛藤があるのかなって思わされました。


様々なテーマを話毎に提示している「ザ・ソプラノズ」は、やっぱり凄いドラマなのかも知れないと、今回もグイグイと惹き込まれて見てしまったのでした。


ファーストシーズンも残すところあと3話、ラストに向けてどういった流れがさらに巻き起こるのか、だんだん見るのが止まらなくなってきました。



■関連記事はこちら。
第10話:殺意 Nobody Knows Anything
第8話:露見 Boca 【ザ・ソプラノズ】
『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』DVD完全制覇の旅

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

blogram投票ボタン
22:51  |  ザ・ソプラノズ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。