2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.14 (Sun)

おとな女子が泣いた。 インビクタス

インビクタス


物語が終盤に差し掛かると、ぼくの両隣りに座っている女子が泣いていました。さりげなくハンカチなんかを手渡したら恋が始まっていたかも知れませんが、ハンカチもティッシュも持ってなかったのでチャンスを棒にふってしまいました…。バレンタイン間近だったのに…無念。おとな女子の涙をほろほろと流させるこの『インビクタス』は、大人の情感にぴったりとはまる感動作になっていて、ぼくはとても愉しく見れました。


今回、イーストウッド監督がモーガン・フリーマン、マッド・デイモンを従えて映画作りをしていたので、とてつもない素晴しい演技が見れるのではと期待していたのですが、予想外の名演技が、両雄以外からもあふれだしていて、その描写力の高さに、じじぃになっても衰え知らずのイーストウッド監督に脱帽しました。
黒人少年とタクシー運ちゃん達のラジオでラグビーの結果を聞いてるシーンとか、大統領警護の黒人代表の人が、周りの人の歓喜にリアクションをとるまいとしているシーンとか最高だったな。


ほんの数年前の実話だったこのお話をぼくは全く知らなかったので、マンデラという人のことも当然知らなかったのですが、なにげにプレイボーイな発言が多く、女性を口説いているような褒め殺しトークにはビックリしました。
どうしてこんなに細部に渡った優しさトークが出来るのかと考えてみると、これは、相対する人を認め、受け入れ、そしてそのことを相手に惜しみなく伝える気持ちを大事にしているからなんじゃないだろうか。


この気持ちが人の心を開かせ、動かし、そして結果として、国をひとつにまとめていけるようにまでなったという流れが、イーストウッド流のマンデラ大統領のお話になっていて、ぼくもこれからはマンデラスタンスで、女子にがんがん話しかけて、心とホニャララを開かせていきたいという、下心まんさいの政策を打ち出そうと思わせる映画になっていました。





人気ブログらんきんぐ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
15:54  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。