2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.30 (Tue)

バックパックになに詰める? マイレージ、マイライフ

マイレージ、マイライフ


アメリカの渋いおやじ代表ジョージ・クルーニー最新作。めっきり白髪になっちゃって、渋さ倍増ですが、ぼくの持論である「白髪の人は鼻の毛もおちんちんの毛も白髪だ。」の筈なので、いくらスタイリッシュに飛行機やホテルにチェックインしようと、騙されないぞ!という覚悟で見ました。


賞とかもたくさん獲っちゃった良質な脚本が売りの人間ドラマだったので、一体どんな物語を紡いでくれるのかと、渋さに騙されないように見ていたわけですが、ジョージ・クルーニーの相手役アレックス(ヴェラ・ファーミガ)の色気のほうにまんまと騙されて、次なるベッドシーンは…次なるベッドシーンは…と、物語にのめり込んでしまったのでした。


数多くの出張をこなし、様々なメンバーズクラブの最上位クラスのカードを持つことにステイタスを見出し、人間関係も後腐れなく、その場の最高の楽しみを優先して生きてきた男。夢と言えば、マイレージの最高栄誉1000万マイルを貯めて、最上位のカードを得て、機長と語らうこと。そんな彼の下に、等身大の幸せを願う部下の女性と、後腐れない関係を同じようにもつ女性が現れたことによって、彼は今一度人生を見つめなおし始める…。


主人公のジョージ・クルーニーは、その生き方からたびたび講演会でスピーチをするのですが、いかにバックパックに物を詰め込まずに生きるかを説きます。物しかり、人間関係しかり、家や車まで。多くのものを背負いこむことで動きが制限されてそれが重荷になる人生ならば、いかに軽い身のこなしでさまざまな場所に赴き、楽しみを謳歌するかを説くのです。


しかし、そんな彼の中に芽生える少しの違和感。ここからが物語のおもしろくなるところで、結末の持って行き方は、さすが脚本で賞を得た映画。落とし込み方が絶妙です。ぼくがこの脚本に文句をつけるのならば、もう少しだけベッドシーンを増やしてくれたら…。というエロ目線のみでした。





人気ブログらんきんぐ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
20:18  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。