2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.04.22 (Thu)

匠の間。 ソラニン

ソラニンソラニン チラシ

これ、スゴくいいです。ぼく、ビックリしました。原作とか読んだことないし、観に行くまでは、宮崎あおいちゃんが彼氏を想ってバンドを組んで彼の意思を継いでいく映画だと思ってたんですけど、そんなチープなものじゃなく、思わず涙せずには見られない、心のひだのひだの奥深くを描いた素晴らしい映画でした。


人が生きていく上で膨大な時間を費やすのって、結局はありきたりの単調な毎日。夢や希望を持つ前に、社会の渦に巻き込まれて、上を見ることも下を見ることもできずに、ただ今いる自分の居場所がどうにも腑に落ちず、だけどそこからどうしていいのか、どうしたいのか、わからない。


この不安ってかなり多くの人が抱えている悩みと呼んでいいのか分からない部分だと思うんです。だって、説明のしようがないんだもん。友達に伝えるとしたら仕事辞めたいとか、どっか旅行でも行って日常を忘れたいとか、そういう形になっちゃう。でも、この映画であおいちゃんは言うんです。「ずっと、怖かったんだ…。」
ハンパないですよ。この視点を持ち合わせる表現者ってぼくは素晴らしいと思う。原作者しかり、この間を紡いだ監督・キャストしかり。先の見えない未来を思うと、みんな怖いんです。でも、それって誰に言っても解決できる問題じゃないから、難しい。


そして、このテーマに寄り添うように難しいのが、今の自分と未来の自分の折り合いの付け方。ぼくは常日頃から人間とは多面性の生き物だ!と思っているのですが、今回みごとにその描写を見せてくれたところは、最高に心のひだを刺激されました。あおいちゃんの彼氏の不安と葛藤は、ホント素晴らしい描き方だと思う。


久しぶりに劇場に行けて、こうしてまたひとつの素晴らしい作品と出会えたのは本当によかった。この映画は、とにかく、泣きにしても笑いにしても匠の間で観客の心を鷲づかみにする秀逸作です。そして、脚本家の構成も素晴らしく、じつに心地よい流れで魅了してくれた作品でした。チャリのシーンはまじヤバいです。




1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
13:02  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2010.04.24 (Sat)

ふれんちぶるどっぐが愛おしすぎる。

french bulldog

ぶさかわいい。このワードに当てはまるものがぼくは大好きです。車だと旧型のミニクーパーとか、フォルクスワーゲンのバスとか、フォルムがどうにもブサイクなんだけど愛らしいのがぼくの心のひだをくすぐるのです。


french bulldog2

そして今飼いたいペットがふれんちぶるどっぐ!しかし、悲しいかなぼくの家はペット禁止。しかも間取りも狭いので、まだまだ叶わない夢…。そこで、フレブルを飼っている方とお友達になって、写真をパシャパシャと撮らせて貰いました。


動物撮るのは初めてだったので、めちゃくちゃ難しかったけど、とてもとても楽しい1日でした。あー、やっぱり1日遊ぶだけじゃなくて、毎日愛でたい。都内近郊でフレブルの写真撮らせてくれる方がいらしたら、コメントお待ちしてます♪


french bulldog3



この動画は和む。


1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

blogram投票ボタン
17:06  |  エッセイ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.04.25 (Sun)

何故に暴力。 息もできない

息もできないver.2息もできないver.3息もできないver.1

口コミで作品の評判をあげている映画があります。韓国映画です。長編映画初監督にして主演。自分の家まで売り払って作り上げた映画は、暴力とビッチな言葉に溢れた荒々しい作品でした。タイトルは「息もできない」。


映画作りをしていると良くわかるのですが、長編映画で主演とかするのって、並大抵の仕事量じゃありません。そして、その行為は、下手すると超お金をかけたオナニー(自己陶酔)作品になりかねない危険な領域。そんな難しい仕事を見事成し遂げて、多くの賞を受賞したこの坊主頭ヤン・イクチェンさんは凄い。


結局のところこの物語を語るとすれば、家族がテーマだっていう事と、暴力は言葉だっていうことだと思います。いきなり結局論ですが、上手いことこの映画を語ろうとして改訂に改訂を重ねた結果です。何度書き直したことか…。この映画は語っちゃいけないんだと思う。見て受け止めることが大事な映画。構図としては、


家族⇔許し


これに尽きるとぼくは思う。





1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
13:18  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。