2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.04.26 (Mon)

佐々木光弘くんが舞台するよ。


7の椅子 6 ver.17の椅子 6 ver.2

ぼくの旧友・佐々木光弘くんが舞台をするみたいです。佐々木光弘くんは、ぼくの大学時代からの役者仲間で、主に猫☆魂という劇団を中心に活躍している俳優なんですが、今回は『7の椅子』という奇妙な名前の劇団の『7の椅子 6』という奇妙な名前の公演に客演するみたいです。
はっきり言って、佐々木光弘くんはやる気を全面に出して演じる役者でもなければ、売る気まんまんに舞台のお誘いをする訳でもないヤツなんですが、数多くいるぼくの役者仲間の中で一番告知の仕方がうまい人だと思います。


ぼくはこんな活動をしているので、実に多くの役者仲間から舞台や映画のお誘いを受けるのですが、全部を見に行く余裕は時間やお金の関係上難しい。そこでなにを大切にするかというと、物語の中身というよりも、誘ってくれたその人の熱意を大事にします。
誘ってくれる人は役者仲間ですが、同時にライバルです。ましてやファンではありません。だから、いついつ舞台があるから都合空いてたら来て、日程と内容は以下です。って言われても…なんでって思います。


舞台や映画は物と違って、その場所に来てもらう移動時間・交通費とさらにその場所で2時間くらい拘束してみて貰わないと価値を伝えられない商品。作ることに心血を注ぐのは役者として当たり前で、その先の売ることを大事にしない人が多くいるなかで、佐々木光弘くんはきちんとツボを抑えて誘ってきます。


何故その舞台に立つのか。なんで来て貰いたいのか。最低限この部分が伝えられなければ、他に魅力的な舞台や映画があるなかで、知り合いだからという理由で行こうとはぼくは思いません。佐々木光弘くんは今回、『7の椅子』という劇団の舞台はもっともっと多くの人に評価をうけてしかるべきクオリティを毎公演続けているおもしろい劇団であり、見に来てくれた人が楽しんでもらえるような作品にするため試行錯誤で頑張っていることを伝えてくれました。それもおもしろおかしく。


だからぼくは佐々木光弘くんはもっともっと売れてしかるべき役者だと思うし、技量だってぼくが言うのもなんですが、誰もまねのできない突出した部分を持っていると思います。彼の成長はぼくの励みと刺激になり、負けてられないライバル心を燃やしてくれます。だから今回も、とくと成果を見届けて、良かったら言葉少なに称賛し、駄目だったらボロボロになるまでダメ出しして来たいと思います。


【 7の椅子 6 】
◆作 徳永勝仁
◆演出 西永貴文(猫☆魂) 

◆出演 福田英和 笹倉和樹 井口千穂 山口なな/ピーチ(NICE GIRL プロジェクト!) 川本裕之 佐々木光弘(猫☆魂) 農塚誓志 儒河 

◆上演期間 2010/4/28(水)~5/2(日)

◆タイムスケジュール
4/28(水)= 19:30
4/29(木)= 19:30
4/30(金)= 14:00 / 19:30
5/ 1(土)= 14:00 / 19:30
5/ 2(日)= 14:00

◆チケット料金 前売 2,800円 当日3,000円 (日時指定・全席自由)

◆場所 中野劇場MOMO
〒164-0001東京都中野区中野3-22-8

チケット購入・舞台詳細は⇒7の椅子 web site へ


1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。
スポンサーサイト

テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

blogram投票ボタン
16:39  |  エッセイ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。