2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.19 (Sat)

オリンパスペン E-P1とE-P2 のムック本を吟味しよう。

※こちらは今年1月の記事を移行したものです。
前回『オリンパスペン E-P1 のムック本を吟味しよう。』が好評で、今回はその続編という形でお送りしたいと思います。


あの記事から数か月。時は2010年に変わり、E-P1はE-P2へと進化を遂げたにも関わらず、ぼくは未だにオリンパスペンのどちらの機種も手に入れていません。
いよいよ今月辺りには購入出来そうなのですが、速報的な情報ではE-P3が今年上半期中に出るのではという噂話も持ち上がっていまして、またしてもぼくは購入を見合わせてしまうのか…。どうなんだ…。という状況ですが、電化製品は新しいのを待ち続けているといつになっても買い時が分からなくなってしまうので、徳井さんが言っていた「買いたい時が買い替え時」を、本気で実行してみようと思います。


ぼくが今買うのなら、これにしようとおもってます。

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P2 レンズキット ブラック E-P2LKIT-BLK


OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P2 レンズキット ブラック E-P2LKIT-BLK

もちろん、この機能を添えて♪
OLYMPUS マイクロ一眼 ライブファインダー ブラック VFー2
OLYMPUS マイクロ一眼 ライブファインダー ブラック VFー2


E-P2が加わり、あの時点からムック本も増えました。
あれからムック本も数冊購入して初心者に超おすすめのE-P1・E-P2のムック本を見つけたので、以下に記していきたいと思います。



さてさて、ムック本ですが、E-P1からE-P2に進化し、マイクロフォーサーズ機がちまたじゃにわかに人気になってきたこともあり、他のメーカーさんからも続々と機種が出てまして、ムック本も合同企画本になっているのも発売されるようになっています。
ですので、合同企画本までチェックしていくとかなり辛い状況になるので、一応リストには加えますが、レビューは少々おろそかになってしまうことをお許しください。


では、前回レビューしたムックを交えつつ、お送りします。
前回レビュー時から購入してちみつなレビューを書いているものもあるので、色々と吟味の参考にして下さい。





まずは第一弾のムック本。

A NEW SIGHT OF OLYMPUS PEN (ぴあMOOK)

A NEW SIGHT OF OLYMPUS PEN (ぴあMOOK)


オリンパスペンE-P1が2009年7月3日に発売され、すぐに刊行されたムック第一弾だと思われます。

■価格の割には、かなりの情報量らしく、撮影方法や特徴さらには、アクセサリー類の紹介などなど、第一弾の割に、高い評価を受けている本のようです。
※この本が一番ビビっときたので、早速アマゾンで注文しちゃいました。
購入後のレビュー
このムック本。なんといっても田中美保ちゃんがかわいい。
かわいいとかどうでもいいとか言わないで。かわいいという印象が強いのは、このムックの写真は大きく、ペンで撮られた写真の数々の出来栄えがすごくいいので、被写体がどれも美しくおさめられています。
写真を多く使ってペンの特徴を伝えつつ、ペンの歴史や、サブアイテムの紹介など充実の内容をほこります。
アートフィルター機能の写真比較はすばらしいです。そして、田中美保ちゃんはやっぱりかわいい。


第二弾のムック本。
OLYMPUS PEN E-P1 活用ガイド (マイコミムック) (MYCOMムック)

OLYMPUS PEN E-P1 活用ガイド (マイコミムック) (MYCOMムック)


こちらは第一弾のムック発売から遅れることわずか一日で刊行された本です。

■こちらは、第一弾よりも少々金額上乗せなのですが、内容の方は他のレビューを見ていると少々辛口コメントが目立ちました。
入門向け書籍としては、評価されていたので、お財布に余裕のある方はこちらも是非。


第三弾のムック本。
OLYMPUS PEN E-P1 BOOK (オリンパス ペン E-P1 ブック) (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)

OLYMPUS PEN E-P1 BOOK (オリンパス ペン E-P1 ブック) (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)


こちらは9月発売されたので、発売されてからじっくりとE-P1に触れて、それから刊行されたものと思われます。

■オリンパスペン E-P1の醍醐味の一つである、プチ改造。そこらへんの記述が結構あるみたいなので、色々といじってみたい方には参考になるムックかと思われます。


第四弾のムック本。
田中長徳 PENの本 (インプレスムック DCM MOOK)

田中長徳 PENの本 (インプレスムック DCM MOOK)


第三弾と時を同じくして発売されたムックです。

■60代の写真家の著者が、ペンの歴史から最新のE-P1のことまで余すところなく語ってくれているムックのようです。オリンパスペンの歩みを長年に渡り体感されている方のムックなので、ペン通になるには必読の一冊かも知れませんね。
購入後のレビュー
かわいい田中美保ちゃん癒されたら、おとなの知識も身につけなくてはと購入したのが、田中繋がりの『田中長徳 PENの本 (インプレスムック DCM MOOK)』です。
こちらのムック本は、機能紹介というよりもエッセイ本に近い形で綴られた本で、カメラ師匠からじきじきに写真の撮り方やオールドレンズの遊び方などを教えてもらえているようなムック本でした。
長徳さんも美保ちゃんに負けず、笑顔がすてき。


第五弾のムック本。
OLYMPUS PEN NAVI extra number―オリンパスE-P1、マイクロ一眼の使い方 ペンのある生活始めませんか? (別冊CG)

OLYMPUS PEN NAVI extra number―オリンパスE-P1、マイクロ一眼の使い方 ペンのある生活始めませんか? (別冊CG)
OLYMPUS PEN NAVI extra number―オリンパスE-P1、マイクロ一眼の使い方 ペンのある生活始めませんか? (別冊CG)

こちらは出版年月日が記載されてなかったので、いつかわかりませんが、本日(9/8)に書店に行ったところあったので、9月辺りの発売だと思います。

■フレンチブルドックが表紙になっていて、思わず手にしてしまいたくなるムックになっていました。
内容の方も、今まで刊行された本の中では随一の評価を受けていて、操作方法・撮影方法・他メーカーとの比較や色んな人のコメントなど盛りだくさんの内容のようです。
ざざっと立ち読みした限りでは、表紙のフレンチブルドックも記事の中に盛り込まれているので、フレンチブルドック好きの僕の購買意欲をかきたてています。
いま、アマゾンで予約をしてしまおうかどうか悩み中です…。

2010年現在。そして、購入は見送りましたとさ。


第6弾のムック本。
マイクロフォーサーズWORLD (日本カメラMOOK)
マイクロフォーサーズWORLD (日本カメラMOOK)
マイクロフォーサーズWORLD (日本カメラMOOK)

こちらも2009年9月発売です。9月はムック本の大漁期だったんですね。

■このムック本、マイクロフォーサーズ機能に注目して作られたもので、E-P1以外にもマイクロフォーサーズ機能がある機種を交えて綴られている本で、主に、レンズ交換の楽しみ方やドレスアップカスタマイズの方法などを教えてくれるムック本になっているようです。
カメラに慣れてきたら、初心者から一歩前進して、こういった方向に楽しみを求めていってもいいかも知れませんね。


第7弾のムック本。
大人の一眼マイクロ系―新型ペンデジE-P2のすべて&カメラ男子のGF1研究 (Town Mook)

商品リンク画像なしです。すみません。
こちらは2009年11月発売の模様。

■こちらのムック本は、E-P2発売から早くも刊行されたムック本で、対抗機種であるGF1とともに、いままで女子層中心だったムック本のなかでは、男子を意識した内容のムック本のようです。
あまりにも情報がなく、現物も本屋さんで見れてないので、あくまで推測ですが…。


第8弾ムック本。
OLYMPUS PEN E-P2 活用ガイド (マイコミムック) (MYCOMムック)
OLYMPUS PEN E-P2 活用ガイド (マイコミムック) (MYCOMムック)
OLYMPUS PEN E-P2 活用ガイド (マイコミムック) (MYCOMムック)

2009年12月発売のE-P2のムック本。

■このムック本は、E-P1にはなかったE-P2の新機能も踏まえて初心者に分かりやすく教えてくれる本のようで、アクセサリー類の事柄に関しても掲載してくれているようです。


第9弾ムック本。 一番おすすめ!
オリンパス PEN ファンブック E-P2/E-P1対応 (インプレスムック DCM MOOK)
オリンパス PEN ファンブック E-P2/E-P1対応 (インプレスムック DCM MOOK)
オリンパス PEN ファンブック E-P2/E-P1対応 (インプレスムック DCM MOOK)

これも12月発売。

■このムック本はマジおすすめです。ぼくは総数3冊のE-P1・E-P2の本を買ったのですが、この本がカメラや一眼初心者のぼくにはピッタリとくる1冊でした。
E-P1・E-P2の機能を収録しているのは勿論のこと、初心者にとって一番大事なのは一眼の機能を理解する内容が収録されていることだと思います。
ほんとなにも分からないから、ミクシィなんかのコミュで初めて一眼レフを使うのですが、どういう写真が撮れますか?とか聞くと、いきなり浴びせられる「オリンパスペンE-P1・E-P2は一眼レフカメラではありません。」の指摘。
ほぇ…!?って感じですよね。
マイクロ一眼と一眼レフ。その違いなんて初めての人には分からないし、その違いを知りたいわけじゃなくて、一眼というカメラはどういった写真を撮れたり、どういった機能が掲載されているから、ああいった美しい出来栄えの写真が撮れるのかが知りたいのです。
その初心者が一番知りたいところをこの『オリンパス PEN ファンブック E-P2/E-P1対応 (インプレスムック DCM MOOK)』のムック本は、E-P1やE-P2の実機を使って懇切丁寧に教えてくれるのです。
ISO感度?絞り?シャッタースピード?どれもこれも、聞いたことはあるけど、それがどういう風に写真に影響を与えるのか分からない。それを、ステップアップ形式でやさしく分かりやすく教えてくれて、アートフィルターの事もこうなりますよってだけじゃなくて、アートフィルター+カメラのこの機能を使うとさらに写真はこういった出来栄えになります的なレクチャーが実に心地よいです。
さらに良いのは、初心者にとってのドレスアップ。見た目的にはあのアイテムをつけると格好良さそうだけど、それって写真写りになにか関係あるのか知らない。カメラのレンズを覆っている枠(レンズフィルター)とか着けたら格好良さそうだけど、写真はそれをつけるとどう変わるのか。それが理解出来るレクチャーがアイテム毎にあるので、カスタマイズへも知識を備えて踏み出していける。
ほんとこの本は、一眼初心者には目からうろこの良質なムック本です。
おすすめ度、NO.1!


第10弾ムック本。
オリンパスPENとパナソニックGF1の撮り方手帖 E-P1/E-P2 DMC-GF1対応版
オリンパスPENとパナソニックGF1の撮り方手帖 E-P1/E-P2 DMC-GF1対応版
オリンパスPENとパナソニックGF1の撮り方手帖 E-P1/E-P2 DMC-GF1対応版

こちらも12月発売。

■マイクロフォーサーズ機のGF1とE-P1とE-P2の機能説明とその写真の撮り方を説明してくれている本のようで、マイクロ一眼に特化したところが売りのようです。


第11弾ムック本。
OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック
OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック
OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック

まもなく発売のカスタムに特化したムック本。

■2010年に入ってからの1冊目。1月20日に発売されるE-P1とE-P2のカスタムに特化したムック本のようです。
さすがに出尽くした感のあるムック本ですが、この本はオールドレンズやカスタマイズといった、初心者から一歩抜け出した一眼カメラ本来の楽しみ方を教えてくれるムック本のようです。
初心者から抜け出せるようになったら、こういった本を手にして、さらに知識を増やしたいと思います。
あっ…その前にカメラ買わなきゃ…。


以上、とても分量のある記事になってしまって、読みにくかったと思いますが、このレビューであなたに最適の1冊が見つかればいいなと思ってます。




1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

blogram投票ボタン
11:58  |  デジタルうめ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。