2011年12月 / 08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.05 (Mon)

ほぼ日手帳 ヌメプレミアムを買ったので、ヌメ革の手入れ方法を調べてみました。

ほぼ日手帳 ヌメ革

10年使うつもりでほぼ日手帳ヌメ革プレミアムを購入。
ほぼ日手帳も今回で3冊目。1冊目でほぼ日ブラックを購入し、2冊目は中身のみ。使い勝手の良い手帳なので今後も使い続けていくだろうとヌメプレミアムに手を出してしまいました。

ヌメ革は育てていく革と言われ、使い込んでいくことで味が出る。30も半ばになり購入する物は5年から10年先のスパンを見据えて長く使い続けられる上質なものを選ぶようになってきました。手帳もこれから10年使い続けるつもりでヌメ革バージョンを購入です。


モノと永く付き合っていくために。
ここ数年で革のグッズが増えました。ライダースにヌバックのドラム缶型バックと靴以外にも革製品が増えてきて、手入れ方法をきちんと知りたいと思っていました。そんな時に見つけたのが『男の手仕事 メンテナンスマニュアル』です。

この本は男が好きなモノばかりを集めたメンテナンス本です。靴やアウターに始まり、車・バイク・自転車、デジタル製品にインテリア等など、こだわりの1品と永く愛着をもって付き合っていくためのメンテナンス術がふんだんに収められています。


ヌメ革日焼け 

ヌメ革の手入れ方法ってどうしたらいいの?
上記本のヌメ革の手入れ方法のページを参照しながらも、ネットで色々と調べてみました。すると、ヌメ革はまずは日焼けさせることが大事だと伝えていました。⇒BREE ヌメ革をご使用いただく前に

日焼けさせることで革に含まれていたオイルが表面ににじみだしてくるみたいです。この間、約1~3週間!買ってすぐに使いたいのにこのひと手間。なんとももどかしい。
※追記:期間は季節や場所によっても違うので、基本的には色がほんのり変わってきたらOKです!(白い斑点が出たらやり過ぎなのですぐに救出しましょう。)

そして上記サイトでも、日焼け前に一度オイルを入れておくといいようなことを書いているので、オイルの選択ですが、一体なにを基準にして膨大にあるオイルから選べばいいのか分からないので、素直に『男の手仕事 メンテナンスマニュアル』のヌメ革ページで紹介されていた『タピール』を選ぶことに。

すると、タピールはかなり良い商品であることが分かりました。⇒タピール紹介ページ
石油系素材を使用しない天然素材で作られたオイルということで、革を痛めることのない上質なものだと分かりました。

ヌメ革日光浴

しかし、ここからが大変です。タピールに決めたとしても何種類もオイルがあるので、一体どれがヌメ革にベストのオイルなのか分かりません。何個も買うには金額的にも辛いし、出来ればひとつでおさめたいところ。そしてぼくが悩みに悩んでこれがいいんじゃないかと購入したのが『タピール レーダーフェット』と『タピール 艶出しブラシ』です。

しかし、購入して商品が届いてから違う方が良かったかも…と思っています。というのは、購入した時についてきた用途ごとの違いのパンフレットを読んだら、『レーダーバルサム』の無色のやつのほうがいいかもです。

※追記:結果、どちらも効果的だと思います。バルサムは塗った直後はべたつき感あり。レーダーフェットはべたつき感なしでした。どちらのオイルも柑橘系の匂いがするので、お手入れをしながら癒されます♪

※追記:日焼け前のオイルは、推奨するところと、推奨しない所がありました。なので、クマのしおりはオイルを塗らずに日光浴、手帳はオイルを塗ってから日光浴をしてみたところ、塗らない方が日焼けの効果の出が早かったです。痛んでしまっている感じもないので、まずは塗らないでちょっと焼いて、その後は使っていく度に、定期的なメンテナンスでオイルを投入がいいかもです。


革のお手入れに最適なオイルを選ぼう。
革の手入れに最適なオイルのブランドを決めても、そこから先のどのオイルを選択したらいいのかが名前が難解すぎてサイトの概要を読んでも判断が難しすぎました。しかし、買った商品についていたパンフレットを読んだら非常に分かりやすかったので、タピールのオイルを用途ごとに紹介しておきます。
(写真からアマゾン購入ページに飛べます♪飛べます♪)

日常のお手入れに
レーダーフレーゲクリーム
艶出し・保護効果の高いクリームタイプのワックスです。防水効果もあります。革靴をはじめ、あらゆる表革に使うことが出来ます。
用途:革靴の日頃のお手入れに最適です。表革用。


ヌメ革におすすめ
レーダーバルサム(ヌメ革には無色を選んでください。)
革に栄養を与えながらケアする柔らかめの油性ワックスです。塗ったあとに手でマッサージするとさらに効果的です。保護・艶出し効果もあります。革靴をはじめ、あらゆる表革に使うことが出来ます。
用途:革靴・かばん・ベルト・財布さど。表革用。


レーダーオイル
皮革製品の軽い汚れ落とし、日頃のケアに。穏やかな汚れを落としながら油分を補い、しなやかに保ちます。
用途:ソファなどの皮革製家具・自動車などのレザーシート・革製衣類・かばん・財布などの小物に。表革用。


スペシャルケア
レーダーフレーゲ
艶をだすワックスと深く浸透するオイルを配合した皮革用の乳液です。あらゆる表革に使うことが出来ます。特に大切にしている革製品のお手入れに、また、いつも以上の特別なお手入れにも。
用途:革靴・かばん・ベルト・財布など。表革用。


レザーソールオイル
革製の靴底のためのオイルです。新品の靴底だけでなく、日常のお手入れとしても、靴底の耐久性を高めます。
用途:革製の靴底用。


防水スプレー&ワックス
皮革用防水スプレー
ポンプスプレータイプの防水ワックスです。
用途:クリームタイプのワックスが使えない、べロア・ヌバック・バックスキンなどの保護・防水に。表革をよりしっかり防水したいときには、レーダーフェットがおススメです。


レーダーフェット(雨にぬれるのが怖くてこれを購入してしまった…。ライダースとブーツに使おう)
過酷に使われる革製品の保護、特に防水が必要な革製品に。古くなって乾いてしまった革製品の特別なお手入れにも。
用途:ハイキング靴・作業靴・オートバイ用のブーツなど。乾いてヒビが出てしまった革製品などにも。



ということで、革の種類や用途によってこんなにもオイルに違いがあるなんて、やっぱり革製品はケアが大切な商品なんだと理解しました。
そこでついつい、おすすめした『レーダーバルサム』やブラシ等数点を追加購入ポチっとしてしまいました。

ちなみに、ヌメ革の日焼けを室内の曇りガラスごしではしないことをおススメします。いま1週間経ちましたが焼けません…。ちゃんとお外で干して来年の1月本格デビューに向けて大切に育てていきたいと思います。



おすすめ♪


■1ヶ月後の焼けたバージョンはこちら。
焼けました。


人気ブログらんきんぐ。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

blogram投票ボタン
11:49  |  ていねいに生きる。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。