2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.10 (Tue)

旅立ちの朝。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ3ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


旅に出る前夜というのはどうしてこんなに興奮してしまうものなのだろう。


晩御飯の一人鍋につい多めに入れてしまったにんにくを差し引いても、この昂りは異常であり、全盛期のボブ・サップよりも鼻息荒くなかなか寝付けぬ夜を過ごすこととなった。


なかなか寝付けなくても寝たら起きないのが私の欠点である。


震度6の地震があっても全く目覚めることのない深い眠りを日々無意識のうちに心掛けてしまっているので、早起きをしなくてはいけない日は事前の準備が必要である。


それは、10個にも及ぶ目覚まし時計のセットである。


様々な音でセッティングして手を替え品を替えして眠り姫と化した私を王子のキスの替わりに現実へと引き戻さねばならない。


今回の旅は事前の予定よりもさらに過酷を極めることに実はなってしまったのだ。


当初の予定では、朝5時半に起床して日の入りの18時をリミットに全10か所を巡ろうと思っていたのだが、急遽この日に映画製作の打ち合わせが入ってしまい、リミットは16時までという2時間の時間短縮が決まってしまったのである。


だから一人旅とはいえ遅刻は厳禁なのだ。


そして迎えた朝。私は起きた。
王子の優しいキスを受けたかのように、目覚ましの鳴る前の5時に起きてしまった。
眠りに落ちたのが大体0時頃だったと思うので、5時間後に何故か眠りから覚めてしまい、30分睡眠時間を損してしまったのだ。


しかし寝起きはすこぶる気持ちよく、男でありながらも王子のキスの余韻にしばし浸ってしまうのであった。


遮光カーテンを開けると、外はまだ暗く街は眠りを貪っているようだ。
窓を開けると信じられない寒さが私の身を切り裂き、もう目覚めているのにさらに目を覚まされる。
あとで調べて分かったことだが、当日のこの時間の気温は4℃ということであった。


これからこの寒さの中をカブで走り出すのかと思うと、抜け出したばかりの布団にもう一度入りたい衝動がふつふつと湧きあがってくるが、そこは忍の一字で寒さに負けじと服を着替えて完全武装の着ぶくれ男と化すのであった。


準備万端整えていざ出発!ここは東京駅…ではなく大田区である。


出発地を旅っぽくするために誰に張ったのか分らない見栄を張ってしまい東京駅にしてみたが、私が住んでいるのは大田区なので、まずは40分位かけて出発地へと出発するという愚行をしなくてはならない。


ご近所さんの眠りを妨げないように、そろそろと5時50分に家を出てカブを押していき、少々大きめの道路に出たところで、キック一発カブの眠りを覚ます。


一発でエンジンは火を噴くものの、寒さのためかエンジン音は安定しない。
旅立ちを前にはやる気持ちを抑えつつ、少々の暖機タイムをとり、ようやく出発!


近所の住宅地を抜けて国道一号線に出ると、あとはひたすら皇居を目指して北上するルートをとる。


いつも利用している道路なのに目に飛び込んでくる景色は何故か新鮮で、普段よりも視界が1.5倍くらい広がり、「このビルこんなに高かったのか。」とか「こんなところに飲食店があったんだ。」「あっマンションのベランダに女性物の下着が…」など新たな発見を楽しみ走り始めたのである。

つづく。
次号⇒いざ東京駅へ。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。
 

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
09:49  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/16-bb32f5df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。