2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.17 (Tue)

出発地から出発。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ5ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


やっとの思いで東京駅に着いたものの私のイメージしていた東京駅とは一変していた。


私がイメージする東京駅とは、よくニュース映像等で扱われるドデーンと茶色の駅舎が威風堂々そびえ立っているというものだ。


しかし目の前にそびえ立つ東京駅は、「壊れかけのレディオ」ならぬ「作りかけの駅よぉ」だったのである。


茶色の駅舎の周りには、白の工事用防護壁が立ち並び、駅舎上部のみを少々見せているだけの、無残な姿であった。


この事実を目の当たりにした私の悲しみは、札幌に2年程住んでいながら、時計台の改修工事期間中のため、在住中一度もその姿を拝むことなく札幌を去ってしまった私の大学生時代に匹敵するくらい虚しさを覚えるものであった。


カブと東京駅。せっかく出発地を東京駅と定め、その茶色の威風堂々たる東京駅をバックにカブの記念撮影をしようと思ったのだが、仕方がない。
格好良くなったかもしれないカブの記念すべき一枚目は、格好良くなるであろう東京駅と共にパシャリとケータイに収めるのであった。



そして、いざ出発!


時刻は7時ジャスト。カブのメーターは自宅を出発した13828kmから13844kmに変わり、これからどんどんとこの距離が増え続けていくはずである。


自宅を出てからすぐに給油して満タンにしたので、3リッターちょいしか入らないカブでも、今日の全行程150キロは一度の給油もなしに終了出来るであろう。


向かうべき記念すべき第一梅見ポイントは、「小村井香梅園」である。


千代田区の東京駅から墨田区の小村井香梅園までは、約8キロの道のり、20分ほどで着けると事前のグーマップによるルートガイドで割り出されていた。


颯爽と土曜日の人の少ない東京駅を走りだしたちょっと格好良くなったかもしれないカブは、誰からの視線も浴びることなく淋しく第一梅見ポイントを目指しひた走るのであった。


「迷子厳禁!その道間違いが命取り」を自らのスローガンに、信号待ちのたびに地図をチェックして現在地を確認して進んでいく。


「東京駅を出て15号線から14号線」と初めてのおつかいの子供のようにひたすら反復しつつ、目は道路表示を見逃してなるものかとランランとぎらつかせて日本橋なんちゃらという地名をどんどんと通り過ぎて行った。


14号線の京葉道路に入り墨田川が流れる両国橋を過ぎた頃には、少々落着きを取り戻し、周りの景色を楽しみつつ、といっても、ビルがせめぎ合っている道路なのだが、亀戸駅を目指して直進していったのである。


すれ違う通行人の視線が「あのカブ格好良い!」というものを一度も味わうことなく、この直進で本当に合っているのだろうかと少々不安になり始めた頃に亀戸駅の表示が出てきたので、左折。
北上していき、小さな橋を渡ると香梅園梅まつりの看板が見えて迷うことなく無事到着。


しかし、時刻は7:40メーターは13853kmと当初の計画とは多少のずれを残して小村井香梅園の梅見を始めたのであった。

■今日のおさらい。(走行ルートが見れます。)



つづく。
次号⇒小村井香梅園の梅まつり。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。
 

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
12:45  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/18-ad92e918

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。