2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.20 (Fri)

小村井香梅園の梅まつり。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ6ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


自宅を出発してから約2時間。遂にこの旅初めての梅見である。


小村井香梅園とカブ。梅をガッツリ見たい気持ちを抑えつつ、まずは小村井香梅園がある香取神社に着いた記念にカブの撮影を開始する。
朝の陽ざしの関係で石碑の文字部分に影が差してしまい、どうやっても巧く撮れないので「レフ板持って来い。」とか「照明あててくれ。」と言いたい気持ちを抑えつつ、早々に断念にしていざ梅見開始。



墨田区文花の住宅地の中に居を構える香取神社内に小村井香梅園はあるのだが、ここには85種120本の梅の木がそれほど広くない境内に花を添えている。


折しも訪れた日は小村井香梅園梅まつりの初日。


しかし、時刻はまだ8時前なので、祭りの宴も人気もなく、祭りの準備をせっせせっせといそしむ観光協会の方たちがハッピを着て右往左往している中での落ち着かない梅見となったのである。


小村井香梅園の由来。梅を横目にグルっと一周すれば5分と満たない境内だが、かつて江戸時代には3300坪の敷地を香取神社東側に誇り、そこには梅の花が咲き乱れ、将軍家の御成りが毎年行われていたり、あの東海道五十三次の浮世絵で有名な安藤広重がこの地の浮世絵をしたためてくれたりした、梅満載の場所として「小村井梅園」の名を馳せていたのである。



残念ながら明治43年に起きた大洪水により小村井梅園は廃園となり、その後平成6年に小村井香梅園と名称を替え規模縮小ながらも復活した場所なのである。


小村井香梅園の梅。そんな歴史を踏まえていれば、ハッピもやけに綺麗でビシッとアイロンをかけてしまうだろうし、観光協会の方たちは朝から大声で気合いを入れたりしてしまうだろうけれど、完全アウェイの私は少々引いてしまう意気込みなのであった。



少々怯えながらも白とピンクの梅の花に癒された私は、そそくさと次なる目的地、第二梅見ポイント江東区「亀戸天神」へとカブを走らせたのである。


亀戸駅を目印に小村井香梅園を目指したことで分かるように、次なる目的地「亀戸天神」は墨田区と江東区の区境に位置する目と鼻の先にあり、グーマップのルートガイドでも、所要時間3分、距離0.9キロと迷えるなら迷ってみろというくらい単純な道を差していた。


小村井香梅園を7:55に出発し、なんていう名前の道路か分からない道をオリンピックの店舗を右手に見ながら真っすぐ南下していくと、さっき渡った小さな橋とは別の小さな橋を渡り不安になる要素はひとつもなくあっさりと右手に亀戸天神を発見して、到着。


小村井香梅園での13853kmから13854kmにメーターは歩を進め、時刻も5分経過の8時ジャストを時計は示していた。


駐車係のおじちゃんが居たので誘導して貰おうとアイコンタクトを送ると、駐車場ではなくその向かいの建物の前に止めたらいいんでねぇの?的な指さし合図を送られたので、確かにカブはこの端のほうですよねと思いつつ停車。

そして第二梅見ポイント「亀戸天神」制覇に乗り出したのである。

■今日のおさらい。(走行ルートが見れます。)



つづく。
次号⇒亀戸天神社の梅まつり。

■ありがとうございます。にほんブログ村の原付・スクーターランキングTop10入りしました。
  ↓ ↓
にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。
 

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
00:21  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/19-28814297

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。