2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.03 (Fri)

最弱乗り物原付。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ10ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


文京区・湯島天満宮での梅見を終え、オシッコもきっちり出し切って次に向かったのは、板橋区・赤塚溜池公園の梅213本である。


お馴染みになってきたグーマップのルートガイドでは、15.5キロ所要時間32分ということだったのだが、所要時間に関しては、車と原付の違いがあることも加味しなくてはいけないと今更ながらに気がついた。


原付という乗り物は自動車道路においては最弱のポジションに置かれる肩身の狭い乗り物である。
制限速度は30キロ。三車線以上ある道路では、ちんたら走る原付は二段階右折が道路交通法の基に厳しく定められている。


最近では都内を走る自転車の高性能化に伴い、自転車よりも遅い乗り物として道路の端を申し訳なく走らされているのが実状だ。


路地に潜む白バイは、速度超過の原付を見逃すまいと隠れているし、二段階右折をしないで曲がろうとする不埒な原付は、交差点で待ち構える白バイの餌食となる。


道路交通法を全くもって気にしてない自転車の逆走には、避けると同時に後ろの車に煽られるという弱者極まりない状況に陥らされて、ほとほと参ってしまうと共に、私の白髪が増える原因である。


そんな状況に遭いながらも原付に乗り続けているのは、免許が普通自動車免許しかなく、都内で車を維持することなんて到底出来ない現状と、スーパーカブという素晴らしく燃費の良い乗り物に乗っているので、都内での交通費を格安に抑えその上電車とほとんど変わらない移動時間で行動出来るからという理由で耐え続けているのである。


さて、この最弱の乗り物にはもうひとつ悲しき差別がある。


高速を走れないのはこちらとしても確実に死を導きかねないので走れなくてもいいのだが、バイパスの差別にはもう少しはっきりした態度で原付に対峙して頂きたいというのが私の申し出である。


渋滞緩和の素晴らしい道路であるバイパスは、原付が通ってもいい道路と通ってはいけない道路があるのだが、時に通ってはいけない道路で脇の道路を走っていくと、直進不可で右折か左折のみという道路がある。


あれは「かなり大回りをしていけよ。原付の馬鹿ども」という意味なのであろうか。


そして原付禁止の表示が非常に少ないというのも不安にさせる要因である。


バイパス進入直前にしかない表示板や、結構前にしかない表示板とバラつきがあり、慣れてない道だとバイパス進入はかなり不安になる道路なのである。


今回の赤塚溜池公園への移動には、254号線の春日通りから17号線の新大宮バイパスへ走るルートをとったのだが、この17号線の新大宮バイパスは原付が通ってよかったのか非常に疑問に思うとともに、とても怖い怖い道路だった。


春日通りから新大宮バイパスへの右折は3車線のT字路になっており二段階右折が出来ないので、少し先の横断歩道をカブを押して渡り、原付進入禁止表示が横断歩道を渡った先の入り口には表示されていなかったので走り始めたのだが、かなり高速道路的な佇まいで車はビュンビュン追い越こしていくから、本当にここは原付なんて弱者が走っていいのだろうかとかなり不安になる。


いきなり白バイが待ってましたとばかりにひっ捕らえに来るのではと思うと、血が全身を駆け巡るほどの緊張感を味わうのであった。

■今日のおさらい。(走行ルートが見れます。)


つづく。
次号⇒赤塚溜池公園の梅まつり。

■梅は散り桜の季節となりましたが、ランキング結果は散ってますか?

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
  にほんブログ村。

   
   FC2 Blog Ranking。

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
00:02  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/24-6d39d58a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。