2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.17 (Fri)

寒さに襲われ思わず失禁。 原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

この記事は「原付スーパーカブ東京横断梅見の旅」の連載旅エッセイ16ページ目です。最初からご覧になりたい方はこちらからどうぞ。⇒原付スーパーカブ東京横断梅見の旅。

東京横断梅見の旅。まっぷ。


寒気の押し寄せる国道を長時間カブで走っていれば否応なく襲ってくるものがある。


それは尿意である。


若い時には尿道も力みなぎり、そう簡単には突破させない意志と潜在的ポテンシャルがある。


しかし私は30代前半。まだまだ若い気でいるものの、体は徐々に老いの兆しを見せ始めるので、力みなぎる尿道のポテンシャルは少々信頼に劣る存在になってしまうのである。


私は8:30に大田区にある家を出て、環八をひたすら北上し、井ノ頭通りがいつ訪れるのか心配になりながら分岐を目指し走っていたのだが、なかなか日差しの暖かくならない冬の国道はバイクという乗り物には熱を奪い取る悪魔のような存在であり、何枚重ね着しても太刀打ちできない無情の尿意を催させるのであった。


尿意が襲ってきたからといってすぐさまトイレに駆け込まねばならぬほど男子の尿道は柔じゃない。
普段ならそこから数時間はうまいことやり繰りしておしっこタイムを引き延ばすことが出来る。


映画の上映中にトイレへと立ち上がってしまうような不覚は、男子たるものそうそう起こすような存在ではないのだ。


走り始めて30分。尿意は襲ってくるがまだまだ大丈夫だと思いつつも、余りの寒さ故に限界点の近さも実感し始めた頃、井ノ頭通りへと突入したのである。


こうなれば向かうべきは井の頭恩賜公園であり、途中に点在するコンビニのトイレマークも見て見ないふりへと転化させるのであった。


人間の意志とは面白いもので我慢しなくてはならないと思えばかなりの度合いで辛抱出来るのだが、我慢しなくて大丈夫だと思った瞬間にその緊張は今まで溜め込んだ膨大な尿意とともに襲ってくるのである。


私はなんとか1時間10分・21キロの極寒ツーリングを終え井の頭恩賜公園へと到着したのだが、なかなかバイクを止められるところが見つけられずに焦りまくってしまった。


歩道をカブを押しながら歩いていると、どんどんどんどん尿意が差し迫り、一歩でも動くことをやめ立ち尽くしたら、一気におしっこが溢れ出してきそうな状況になっている。


「ヤバイ失禁、ヤバイ失禁。」


バイクを止められるところを見つけて、鍵をかけている最中も足は交互にモゾモゾと地団太を踏み続け、とにかく下半身に意識を向け続けた。


なんとか鍵をしめ、視野に入った大型の公衆トイレを目指して行くものの、走ってしまっては尿道は破裂し漏れ出してしまうので泣く泣く歩くのだが、ゆっくり歩いては間に合わない限界点なので、振動を少なくそれでいてなるべく早く歩いて公園のトイレに向かったのであった。


駆け込んだ男子トイレでは、早くもおしっこが先端までフライングし始め、「ヤバイヤバイ重ね着しているの待って待って。」と尿道に訴えかける。


急いでベルトを外し、ボタンタイプのチャックにいらつきつつ外し、少しも効力を発揮してくれないモモヒキをさげ、パンツをさげたらおしっこ爆発である。


立ち上る湯気を見つつ、よく頑張った尿道を褒めながら顔をあげると、エッチな雑誌を目の前に発見。


いつまでも止まることの知らないおしっこのせいで、エッチな雑誌と対峙し続けることを余儀なくされ、足音がするたびに今はトイレに入ってくるなと願い続けてしまう国道ドライブならぬ尿道ドライブを終えたのであった。

■今日のおさらい。(走行ルートがみれます。)


つづく。
次号⇒井の頭恩賜公園の梅まつり。

banner_br_ume.gif
人気ブログらんきんぐ。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
  にほんブログ村。

   
   FC2 Blog Ranking。

テーマ : スーパーカブ系 - ジャンル : 車・バイク

blogram投票ボタン
23:51  |  たびカブ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/31-31ead210

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。