2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.10 (Sun)

映画史の分岐点となる『アバター』。

アバター


2010年『うめのみ』ブログの新企画【そうだ 映画館、行こう。】が、いよいよ始まりました。
昨年末からComing soonと連載開始を匂わせていたのですが、誰からも問い合わせがなく、2000円札のように忘れ去られないためにも、ここに良質なレビューをのせて、京都の名店ばりに顧客を増やしていこうと、手間暇かけて映画館でみた作品の感想を綴っていきますので、あなたのお気に入りブログの仲間入りをさせて頂けたら幸いです。


栄えある第1作目は『アバター』です。

太陽の光がさんさんと降り注ぐリビングルームにやってくる寝起きの夫。焼きたてのパンを差し出す妻。豊潤な匂いと口当たりの優しい食感を味わい夫が一言。「あ、バター。」そんな和みのファミリー映画が『アバター』です。
「タイタニック」から12年の歳月を経て監督復帰を果たしたジェームズキャメロン監督は、この作品に構想14年・製作4年の時間をかけて、特注の3Dカメラまで作って、いままで誰も味わったことのない映画体験を出来る3D映画を作りました。


ぼくは予告編を見た段階で、青い体の魚眼のヒロインになんて絶対ときめかないとおもっていたのですが、上映中に思いっきり惚れてました。
物語についてアニメのなになに風だとか、練りが弱いとか言われたりもしていますが、ぼくが思うに、この映画は、この世界観を体感できる最高の作品だと言わせて頂きたい。


映画館でしか味わえない感動が映画の醍醐味です。その醍醐味をジェームズキャメロン監督は新しい技術3Dで、観客に今一度蘇らせてくれました。DVDやテレビで映画を見るなとは言いません。ぼくももちろん見ています。でも、DVDやテレビで見る映画は、映画本来の魅力を半分以下にしていると認識して貰いたい。
大スクリーンと計算されつくした音響設備。さらに現在では3D技術。本当の映画屋はこの利点を最大限に活かした作品作りをし、その状況下で最良に魅せる映画を作っています。


3Dという革新的な技術は一昔前にあった3Dとは格段に違います。もしかしたらこの『アバター』だけが、特別すごい完成度なのかも知れませんが、まさに映画の世界の住人になれます。
飛び出してくる感というよりは、奥行き感が最高で、その世界をまさに体感していけるのです。
映画史の分岐点となる『アバター』。あなたもぜひ、映画館でこの感動を3D版で味わってください。

ちなみに、3Dメガネはバカじゃないのって言うくらい重いので、鼻に添えるクッションかハンカチ・ティッシュなどを持参すると、上映中に地道な拷問をうけなくてすみます。




人気ブログらんきんぐ。

テーマ : アバター - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
12:31  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/314-e2c26da0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。