2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.31 (Sun)

劇場が息をのむ。 パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ


史上最強の宝くじ映画。135万円が現状90億円くらい稼いじゃってるらしいので、この成功は前代未聞じゃないかと思う。確実に100億いっちゃうだろうし…。羨ましい。
過去にも低予算で大ヒットを生み出した映画はたくさんあるけど、この制作費のレベルはいないんじゃないかと思います。


だから、他の映画と比較して怖いとか怖くないとか、アイデアのひな型があれに似てるとか、あれを基に作っているなんて言っても、意味がないと思うんです。
100万そこそこでこの映画を作ったその発想と実行力、そしてこの金額でのクオリティの高さは、ハンパないと思います。


ぼくはこの映画を見終わって、劇場にいる人たちの帰る際のリアクションを良く見ていたのですが、そんなに怖くなかったとか、ちょっとウケたよとか、素直に怖かったとか、さまざまなリアクションを残して帰っていっていたのですが、見ている最中は、確実にみんな息をのんでみていました。


そして帰る時にはみんな一様に、この映画の恐怖に打ち勝ったぞ感を得て帰っていったのです。
これって、ホラーとしては作り手の勝ちじゃないかと思うんです。
上映中は息をのませて恐怖の重圧を与え、声を出してしまう人もいれば、それを耐え忍んだ人もいる。そして最後のエンドロール終わりになっても席を立つ人は一人もいない作りにまんまとはまらせて、無事に見終えて生還した達成感を得て帰らせるって、製作者は頭がとてもいいと思う。


主人公の女の子はぽっちゃりしていたけど、ちゃんとボンキュボンのスタイルで美形だったから、チョメチョメの最中にカメラ切るなよ彼氏って思ったし、おしっこしている姿を映そうとする彼氏には、頑張れって思ったし、悪魔に噛まれた背中を見せるときの横の肉は愛らしくてよかった。


ぼくもこれから映画を作っていくので、とてもいい刺激を受けたし、100万円でもシネコンに上映して貰えるチャンスは皆無じゃないんだと勇気を貰える、すばらしい映画でした。





人気ブログらんきんぐ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
13:25  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/338-b741c2f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。