2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.04.25 (Sun)

何故に暴力。 息もできない

息もできないver.2息もできないver.3息もできないver.1

口コミで作品の評判をあげている映画があります。韓国映画です。長編映画初監督にして主演。自分の家まで売り払って作り上げた映画は、暴力とビッチな言葉に溢れた荒々しい作品でした。タイトルは「息もできない」。


映画作りをしていると良くわかるのですが、長編映画で主演とかするのって、並大抵の仕事量じゃありません。そして、その行為は、下手すると超お金をかけたオナニー(自己陶酔)作品になりかねない危険な領域。そんな難しい仕事を見事成し遂げて、多くの賞を受賞したこの坊主頭ヤン・イクチェンさんは凄い。


結局のところこの物語を語るとすれば、家族がテーマだっていう事と、暴力は言葉だっていうことだと思います。いきなり結局論ですが、上手いことこの映画を語ろうとして改訂に改訂を重ねた結果です。何度書き直したことか…。この映画は語っちゃいけないんだと思う。見て受け止めることが大事な映画。構図としては、


家族⇔許し


これに尽きるとぼくは思う。





1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
13:18  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/422-1902f7d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。