2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.03 (Sat)

告白するたびに背筋が凍る。告白

告白

ぼくはなんていい脳みそをもっているんだろう。今回の『告白』はすでに原作を読んでいました。だけど、忘れてるよね。いまいち不鮮明な原作を思い出しつつも、中島哲也監督のオリジナルであろう部分も多数交じり合っていたので、とても背筋を凍らせながら楽しみました。


まぁー演出が絶妙です。そして人物の画の捉え方が巧い。なんともいえない色調に、素晴らしいライティング。そして、松たか子さんの素晴らしい演技。さらに若者たちもかなりいい芝居をしていて、ぼくのキャリアを一瞬で凌駕する素晴らしい告白シーンをみんな彩っていました。


映画はセンス。最近のぼくが常々思っていることなんですが、監督のセンス次第で良い脚本であろうと、いいスタッフであろうと、やっぱり活かすも殺すも監督次第なんだなと感じています。そしてぼくが最近見ている邦画はとてもセンスのいい監督たちがひしめきあって映画を撮っています。もぉ刺激うけまくりです。


中島哲也監督にいたっては、常識の範疇がどこまであるのか分からない感じで、どの作品もとても個性的に演出なのに、見る者を虜にする術を至る所で発揮しています。前半の松たか子さんの告白シーンなんて最高です。ガヤついた教室ないで淡々と告白が始まる。生徒たちは聞いてないようで聞いている。画は無数のカットが入り乱れ、統制がとれてないようなアンバランスさで見るものの居心地を悪くさせながらも、じつは細部に至るまで絶妙なカットの繰り返しで紡いでいる。はぁー、溜息が漏れました。冒頭で中島哲也監督は天才だと知らしめられました。


そして、松たか子さんの最後のシーン。あの演技、最高です。




1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
11:55  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/492-b0941158

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。