2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.05 (Thu)

読書感想文は終わったか。

ぼくのブログの閲覧者数は夏になるとグッと増えます。昨年はなんでだろぉと思いながら過ごしたわけですが、今年は確信を持ってこの急上昇率の答えを見定めました。


小中学生よ、読書感想文は終わったか!


ぼくの卑猥な言葉が飛び交うこのブログに、夏休みに入ると多分小中学生であろうまだまだ無垢な子供達が宿題に出されたであろう読書感想文の例を頼りに検索して来てしまうようなのです。なにせぼくのブログは重松清さんの読書感想文をキラーコンテンツに形成されています。小中学生の先生方はとても見識あるおすすめとして重松清さんの本を読むべしと言い、子供たちはその言葉を全うするべくぼくの卑猥な言葉が飛び交うこのブログへとたどり着いてしまうようなのです。


まことに申し訳ない。せっかく読書感想文の宿題をより良くするために探してきてくれた子どもたちなのに、行きつく先はぼくのところだなんて…。ぼくの読書感想文でも良さげなものを読んだ後うっかりと官能小説の読書感想文まで読んでしまわなければいいけどと思いつつ、もっと怖いぼくの読書感想文をコピペして、それが全国の小中学校の先生に読まれ採点されるとかいうのは、考えたくもない。しかも、同じクラスに二人とかそんな子がいて不正が発覚した際の末路たるや、あぁーぼくはどうしたらいいのだろう。


宿題に関してぼくから言えることはただ一つ。宿題は早めに終わらせて夏休みを楽しく過ごそう♪間違っても最終日まで宿題が3割も終わってないなんてことになると、お父さんとお母さんに泣きながら頼む羽目になるぞ。しかも君は0時まで起きてられずに親が宿題をすることになってしまい、お小遣いを3ヶ月減らされてしまうのだ!気をつけろ。




おしてぇ。

テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

blogram投票ボタン
11:55  |  エッセイ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/524-43677e70

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。