2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.30 (Thu)

映画の画にするために。

さつえいきざい。

あなたにとって印象的な映画のワンシーンはどのようなシーンですか?観る人にとって忘れられない印象的なシーンを撮ることは映画を作るものにとってひとつの目標です。撮影するロケ地を決めたら、そのシーンをより効果的に見せるために様々な機材を用意します。


今作『デプレッション』の撮影では室内撮影が多い為、勝負するポイントはおのずと絞られてきます。とあるシーンのロケ地で河川敷があるのですが、ここでは様々な機材を使って画作りを行いました。快晴の下、極上のロケーションで撮影を行ったので、朝にトラブルが発生したにも関わらずかなり良い画が撮れていると思います。


このロケーションで撮ったぼくのスチールもかなり極上の仕上がりで早く見て貰いたいのですが、それはまた今度のお楽しみに。…と、ここでひとつ種明かしをしますと、今作『デプレッション』では、ぼくはスチールも担当しています。俳優とスチール。両立させるのは難しいし、スチールに関しては経験が乏しいのでどうなることかと不安な中挑みましたが、ポイントポイントでいい画が撮れていて、カメラの腕とか以前に神掛ったタイミングを授かっているみたいです。


ただ残念なのは、ぼくが出演しているスチールが撮れないこと…。ぼくの出演シーンはあとわずかですが、そのシーンではスチールを担当してくれる人にぼくを通常の5倍増しで撮って貰いたいと思います。





おしてぇ。

テーマ : 撮影秘話をお届け - ジャンル : アイドル・芸能

blogram投票ボタン
13:58  |  エッセイ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/546-0bda6e42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。