2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.14 (Tue)

若者ぞくぞく。BECK

BECK.jpg

やっと行けた。撮影などのスケジュールが詰まっていて行けなかった映画館に1ヶ月以上ぶりに行ってきました。見てきた映画は、『BECK』。漫画が原作らしいのですが、なんのリサーチもせずに最近お気に入りの俳優・桐谷健太くんを見るために若者がひしめき合う夕方の時間帯に見てきました。


監督が堤幸彦さんで、主要キャストは今をときめくイケメン俳優たち。そして物語はロックに情熱を燃やす若者たちのお話です。観客の9割を10代が占めていたので、心は10代でも見かけが三十路おやじのぼくはオヤジ狩りに遭うのではないかとひやひやしておりましたが、みなさん映画に夢中だったようでぼくのことなんて誰も気にしていませんでした。


漫画の巻数がどのくらいの分量あるのか分かりませんが、結構物語が詰まってまして、怒涛の如く過ぎていく2時間半でした。おのおののキャラクターも魅力的で、若者故の甘さや、葛藤などが描かれキャストはじつにカッコよく演じてました。その中で異色を放っていたのがぼくのお気に入り・桐谷健太くん。物語では『ちば』という役名でしたが、三枚目のキャラクターで熱い男を演じていました。「こゆき」くんが悪いお友達にいじめられそうになるところを助けるシーンの終わりで見せたVサインは実に愛らしかったです。


奇跡の歌声で観客を魅了する「こゆき」くんのところは、堤監督演出なのか印象的なシークエンスになっていて、「あぁ…ぼくもフェスに行って聞きたい!」と思わされました。兎にも角にも最近の邦画は規模の大きな映画をビシバシと撮っていて、一体どうやってこの大がかりなプロジェクトを進行させているのか製作/制作の舞台裏を見たくて仕方ありません。





おしてぇ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
11:55  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/548-05d8d186

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。