2017年03月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.10 (Sun)

しきゃく?しかく?十三人の刺客

十三人の刺客 

劇場のチケット売り場で迷ってしまいました。十三人のしかく。なのか、十三人のしきゃく。なのか…。だから、「十三人のしかゃく。おとな1枚」と、にごしてみましたが、売り場のお兄さんは、「13人のしきゃくですね。」と堂々とお答えになり、しきゃくなのかと納得して家に帰ってきましたが、調べたところ、しかく。でも、しきゃく。でもどっちでもいいみたいです…。だから、しかゃく。は間違いです…。


これまでに表現され尽くされてきた『13人の刺客』。それを三池崇史監督が料理するとどうなるのかと期待して見にいった『十三人の刺客』は、とてもとてもおもしろかったです。静と動を使い分けていて、前半は物語の背景部分を丁寧に描写していってたのですが、後半の戦いに入っていくと、コミカルさを交えた三池ワールドが炸裂し、くだらない下ネタに爆笑して、周りのお客さんの白い眼を浴びてしまいました。



キャスト陣は誰もがとても魅力的でした。役所広司さんは言うに及ばず、松方弘樹さんの殺陣裁きは見惚れるほどの美しさを放ち、稲垣吾郎さんの冷徹非道ぶりは天下人とはこんな振る舞いだったのではと思わされました。なかでもピカイチの魅力を放っていたのが伊勢谷祐介さんです。山猿のようなたち振る舞いと無邪気さでサムライたちと対峙する様は、なにものにも感化されない自信に満ち溢れていて、男惚れしてしまいました。


職業監督。脚本あり気の依頼されて監督を務めるというのは非常に制約の多い中での作業となります。だから、なかなか思うように自分の画を作れないと聞きますが、三池崇史監督はそんな中でも自分の味というものを常に出し続けて、小言をいってくる周りの人々を有無を言わさず凌駕しているような気がしてなりません。脚本兼監督として自分の世界感を提示する監督がいるなかで、職業監督としてここまで世界に評価される監督というのも日本では稀な逸材だと改めて認識させられたジャパニーズエンターテイメント作品でした。




おしてぇ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

blogram投票ボタン
12:51  |  そうだ 映画館、行こう。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/tb.php/559-f68b0a34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。