2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.22 (Sat)

Adobe cs4 Web Standardのパッケージ内容を調べてみよう。

Adobe cs4 Web Standardとは、アドビシステムズ社が作りだした、Webサイト・インタラクティブコンテンツ・モバイルコンテンツのデザイン、開発、管理に必要なツール制作が出来るソフトです。



Adobe cs4 Web Standardは、どのソフトが入っていて、どんな作業が出来るのか調べてみました。






Adobe cs4 Web Standardパッケージ内容

⇒Dreamweaver CS4とは、
Webサイト・Webアプリケーションの作成ソフト。
HTMLの知識がなくても、自分のデザインをWebページに出来るソフトっぽいです。

⇒Flash CS4 Professionalとは、
アニメーションやインタラクティブコンテンツを作成するソフト。
フラッシュアニメーションを作成・編集するソフトっぽいです。

⇒Fireworks CS4とは、
Webグラフィックの作成・最適化。Webサイトとアプリケーションのプロトタイプ化が出来るソフト。
Web用画像のグラフィック作成に特化したソフトっぽいです。

⇒Contribute CS4とは、
プログラマ以外でも、Webサイトのコンテンツを手軽に編集・更新出来るソフト。
Webサイトの運営を容易に出来て、Dreamweaverとの連携の良いソフトっぽいです。

⇒Adobe Bridge CS4とは、
クリエイティブアセットの視覚的な整理・閲覧が出来るソフト。
Adobe Creative Suiteのコントロールセンターとして全てのアプリケーションをナビゲート出来るソフトっぽいです。

⇒Adobe Device Central CS4とは、
モバイルデバイスコンテンツのプレビューとテストが出来るソフト。
パソコン上でモバイルコンテンツの外見やパフォーマンス、動作などのプレビューが出来るソフトっぽいです。

⇒Version Cue CS4とは、
共有プロジェクトファイルの一元管理が出来るソフト。
Adobe Creative Suiteのファイルを一元管理出来るソフトっぽいです。



といった具合に、Adobe cs4 Web Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。と比べると、フォトショップやイラストレーター、サウンドブースなどがないので、他の素材も巧く流用して作り上げるような感じになりそうなソフト群ですね。



■関連記事はこちら。
Adobe cs4 Production Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 Web Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 Design Standardのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 Design Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 master collectionのパッケージ内容を調べてみよう。

1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : ソフトウェア - ジャンル : コンピュータ

blogram投票ボタン
11:56  |  デジタルうめ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.27 (Thu)

Adobe cs4 Production Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。

Adobe cs4 Production Premiumとは、アドビシステムズ社が作りだした、映像の企画・制作から配信にいたるまでトータルで対応できるソフトです。


 
Adobe cs4 Production Premiumは、どのソフトが入っていて、どんな作業が出来るのか調べてみました。





Adobe cs4 Production Premiumパッケージ内容

⇒After Effects CS4とは、
ビデオ用モーショングラフィックスとビジュアルエフェクトの制作が出来るソフト。
動画や静止画に動きやエフェクトや合成が出来るソフトっぽいです。

⇒Adobe Premiere Pro CS4とは、
デジタルビデオのキャプチャ・編集が出来るソフト。
ノンリニアビデオ編集アプリケーションで、タイムライン上で簡単にカット編集、合成、テロップの挿入なんかが出来るソフトっぽいです。

⇒Photoshop CS4 Extendedとは、
3Dを含むデジタル画像を、編集・加工・分析するソフト。
要するに、写真とか3Dの画像を編集・加工・分析出来ちゃうっぽいです。

⇒Flash CS4 Professionalとは、
アニメーションやインタラクティブコンテンツを作成するソフト。
フラッシュアニメーションを作成・編集するソフトっぽいです。

⇒Illustrator CS4とは、
ベクトルグラフィックの作成・編集ソフト。
要するに、イラストやロゴの作成に便利な印刷物・web両方に対応したグラフィックソフトっぽいです。

⇒Soundbooth CS4とは、
デジタルオーディオの作成・編集ソフト。
音声データの制作・エフェクト適用・BGMのカスタマイズ・効果音の追加など、オーディオ制作・編集が出来るソフトっぽいです。

⇒Adobe OnLocation CS4とは、
ディスク直接録画とモニタリングを使用した録画撮影が出来るソフトです。
カメラをノートブックに接続するだけで、ハードディスクに映像を直接録画出来、モニタとして見ることも出来るソフトっぽいです。

⇒Encore CS4とは、
DVD・Blu-ray・Web用のビデオ作成ソフト。
DVD・Blu-ray・Webを作成するときに使うオーサリングが出来るソフトっぽいです。

⇒Adobe Bridge CS4とは、
クリエイティブアセットの視覚的な整理・閲覧が出来るソフト。
Adobe Creative Suiteのコントロールセンターとして全てのアプリケーションをナビゲート出来るソフトっぽいです。

⇒Adobe Device Central CS4とは、
モバイルデバイスコンテンツのプレビューとテストが出来るソフト。
パソコン上でモバイルコンテンツの外見やパフォーマンス、動作などのプレビューが出来るソフトっぽいです。

⇒Dynamic Linkとは、
ビデオアセットの中間レンダリングの省略が出来るソフト。
Adobeの動画ソフト間をレンダリングしないで直接送信できるソフトっぽいです。



といった具合に、映像編集に関するソフトがびっしりと詰まっています。なんかこのソフトさえあれば、映画の一本くらい軽く作れてしまいそうな錯覚さえ起こす、素晴らしい陣営ですね。



■関連記事はこちら。
Adobe cs4 Web Standardのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 Web Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 Design Standardのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 Design Premiumのパッケージ内容を調べてみよう。
Adobe cs4 master collectionのパッケージ内容を調べてみよう。

1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : ソフトウェア - ジャンル : コンピュータ

blogram投票ボタン
11:51  |  デジタルうめ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.28 (Fri)

ブログなのにつぶやいてみよう。

宣材ふぉと撮影。

連日連夜パソコンに立ち向かう毎日。現在夜中の1時半…。今日も12時間以上パソコンと格闘していて現在ノックアウト寸前です。それというのもぼくたちの団体K-FRONTがアクションスクールのウェブサイトをリニューアル予定していて、締め切りが明日という大ピンチなのです。


自分で決めた締切に自分が苦しめられている…。うーん、なんてMな行為。しばし現実逃避しようと話題のツイッターでつぶやいたりしようかと思ったけど、いまやどうやって参加したらいいのかよくわかんないし、しかもぼくは結局つぶやくよりもぼやいてしまうたちなので、少ない文字数でなにかをきちんと伝えることは出来ないからむいてないのかも…。


だからぼくはしょこたんの同志だ。ギガント同志だ!…使い方があっているのか分からない…。眠くて何を書きたいのか分からなくなってきた…。
そうだ!新しくなるウェブサイトでは、K-FRONTのプロダクション事業部のコーナーも新設するので、それのプロフィール写真なんかを先日撮ってきたよって言おうと思ってたんだ。


ひさしぶりにちゃんと写真撮って貰ったけど、ぼく老けたな…。だから写真はうちのイケメンくん安藤裕之を載せておきます。これでぼくのブログにも女子がザクザク増えてしまえばいいのに。


さぁ!ちゃんと仕事しよ。明日のサイトアップおたのしみに♪




1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : ホームページ・ブログ制作 - ジャンル : コンピュータ

blogram投票ボタン
01:37  |  デジタルうめ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.29 (Sat)

K-FRONTアクションスクール りにゅーある。

K-FRONTアクションスクール

どうしてこんなに頑張れたんだろう。と、今になって思ってるんですが、結局40時間不眠不休で体に鞭打って出した結果が遂に今日発表できました!
K-FRONTアクションスクールウェブサイトりにゅーあるです。


アクションスクールの新システム移行に伴って、より分かりやすく・よりカッコいいサイトを作ることを決意して挑んだわけですが、我ながらよく頑張ったと自分をほめてあげたい。いや…むしろ頬ずりしていい子いい子となでてあげたい。うん…気持ち悪いね。


ということで、2010年7月4日に、K-FRONTアクションスクールの中級クラスが発足します。現在、体験無料キャンペーンなどをしているので、まずは見学や体験などどしどしご来場ください。なお、こちらのサイトでは、昨日の日記で書いたプロフィール撮影の成果なども見れますので、味のあるおじさんを目指すぼくの集大成をご覧ください。


では、以下のバナーからアクションに興味がある人もない人も、本当にかっこいいサイトを作り上げたのかどうかの結果をご覧ください。

K-FRONTアクションスクールへ




1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : お知らせ - ジャンル : ニュース

blogram投票ボタン
14:47  |  デジタルうめ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.31 (Mon)

デジタル映像制作ガイドブックはスゴイ本だ!


※この記事は昨年6月の記事を移行したものです。

色んな事に手をつけている僕は、現在ウェブサイト制作もそうですが、ある舞台のオープニング映像の制作も手掛けることになってまして、うちの代表から今回は監督で!というオファーから、各部署の仕事内容の把握に必死になっているところです。


そこでなにか映像制作の本で良いものはないかと本屋さんで見て回ったところ、ありました!!


デジタル映像制作ガイドブック


この本は凄いです。
なにが凄いかと言うと


全ての映像制作にまつわる内容が各部署・各部門ごとに分かれていて、映像制作に関わる専門用語の解説から、現在から過去にさかのぼっての映像制作の歴史まで網羅して、事細かく、かと言って難しすぎない文章で書かれているのです!


僕は俳優畑から監督をやったり、簡単な編集をやったりするようになりましたが、カメラの扱いや細部に渡る機材の用途などはあまりよく知りません。

そんな僕にこの『デジタル映像制作ガイドブック』は、現在のビデオカメラの状況から未来の考察・過去の遍歴まで、説明してくれているので、100年に渡る映像業界の流れと知識がどんどんと蓄えられていきます。


もちろんカメラの知識だけではとどまりません!


映像業界にまつわるすべてのことが余すところなく書かれているのです。
デジタル映像制作ガイドブックは、ページ数全360ページに渡って、

映像の原理
カメラ・記録装置
各種コンバータ
ディスプレイと装置
PC・制御機器
記録メディア
放送・伝送
デジタルデータ
映像業界
ビジネスプランニング
プリプロダクション
撮影と収録
3DCG
手書きアニメーション
そのほかの映像制作
ポストプロダクション

という項目に分かれて、本当に丁寧に作られている本です。
この本は今から5年前の本ですが、全然情報は古くありません。
未来の展望を見据えて書かれていることが、現在読んでみるとバシッと当たっている辺りは、うならされます。


映像業界に携わる方や、映像業界と仕事をする方は、この本を読んで、様々な知識を蓄えて仕事に活かして貰えたらと思います。


デジタル映像制作ガイドブック
映像制作ハンドブック―映像に係わるすべてのクリエイターの必読書 (玄光社MOOK)
プロの現場の実例で学ぶ 映像制作実践講座【CD-ROM付き】 (玄光社MOOK)

■関連記事はこちら。
フルフラッシュ制作本おすすめ書籍



1日1回頭をなでるようにクリックすると喜びます。
  人気ブログらんきんぐ。

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

blogram投票ボタン
16:01  |  デジタルうめ。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。